言語切り替え

京都の秋、夜明けに沈む月と昇る太陽

仲秋の有明月といった秋を表す季語がありますが、もう師走ですね。季節はずれのようですが、今日は朝日に照らされた満月が西の空に沈み、太陽が東の空から昇ってくるのを見ました。こんな景色を見るのは初めてです。

沈む満月

昇る太陽

少し肌寒く感じましたが、早朝にひと時の天体ショー。
月が沈んでいくのと太陽が昇ってくるタイミングが驚くほど一緒、雄邁な美しさに感動しました。
偶然に巡り会えたこの景色。何かが終わり、何かが始まる。

朝日に照らされた大文字山

朝日が昇ってしばらくすると紅葉した山々が照らされて、自然は素晴らしい。地球にやさしい人類でありますように、そして孫子の代まで大切にしないといけない。

左の大文字山

右の大文字山

朝日に照らされた大文字山。観光客には季節はずれかもしれませんが、これもまた「いい感じ」です。

京都はまだまだ秋

京都、堀川通りのイチョウ並木。

あとしばらく、この景色を楽しめそうです。