学び・気づき

学び・気づき学び・気づき
学び・気づき

損得に過剰反応しないための心理学”時間割引”

時間割引とは、将来もらえる報酬(遅延報酬)は、今もらえる報酬(即時報酬)より価値が低いと感じる心理です。 将来の価値が、現在の価値よりどれだけ低く感じられるかを時間による割引率で考える事を「時間割引率」といいます。
学び・気づき

一般常識を精査して自分の常識をつくれ

子供の頃から、親や学校で教わってきた「常識」。漠然としていて納得のいく定義がない。 常識に疑問をもてる知恵が『良識』で、哲学者の三木清によれば常識の上位概念としている。 当たり前と思い込んでいることが「危険」な状態。
学び・気づき

損得に過剰反応しないための心理学”保有効果”

保有効果とは、自分が所有したものに対して価値を感じ、手放したくないと思う心理です。 行動経済学者の”ダニエル・カーネマン”の心理実験。
学び・気づき

損得に過剰反応しないための心理学”損失回避バイアス”

損失回避バイアスとは、報酬よりも損失のほうを大きく評価する心理。 損失回避バイアスは「損失回避の法則(プロスペクト理論)」とも呼び、人は利益から得られる満足より、損失から得た苦痛の方が大きく感じてしまいます。そして、無意識に得をするよりも損をすることを避けようとするのです。
学び・気づき

損得に過剰反応しないための心理学”サンクコストの呪縛”

サンクコスト(埋没費用)とは、事業や行為に使った資金や労力などの固定経費のうち、その行為を途中で中止、撤退、廃止しても戻ってこない経費をさす経済学の概念
学び・気づき

浪費しないための心理学”相対性効果・アンカリング効果”

普段の生活に役立つ”心理学”24選 浪費しないための”心理学” ①バンドワゴン効果 ②ディドロ効果 ③心理会計 ④希少性の原理 ⑤相対性効果 ⑥アンカリング効果 損得に過剰反応しないための”心理学” ①...
学び・気づき

浪費しないための心理学”希少性の原理”

珍しいものや数に限るものなどで手に入れにくいものに価値を感じる希少性の原理。
学び・気づき

浪費しないための心理学”心理会計”

同じお金でも手に入れた経緯や使う目的によって価値が変わる心理会計。
学び・気づき

浪費しないための心理学”ディドロ効果”

人類学者のグランド・マクラッケン(Grant McCracken)がデニス・ディドロ(Denis Diderot)のエピソードにちなんで名付けたディドロ効果。
学び・気づき

浪費しないための心理学”バンドワゴン効果”

“世間の流行りや周りの評判を判断材料にしてしまう心理”バンドワゴン効果。 逆の心理のスノッブ効果。ヴェブレン効果とは
タイトルとURLをコピーしました