言語切り替え

とても気持ちがいい!”琵琶湖”大津港の湖岸を散歩

一歩家を出てみると、今日は快晴。家の中にいるなんてもったいない!
丁度、長男が休みだったので妻と3人、行先も決めずに自然を求めてドライブ。

さくらの花も散り始めたので、花見はないね。と話しつつ、滋賀県に向かって山中超え。
途中で見えた”琵琶湖”が絶景!

天気がいい、琵琶湖の水の色もいつもと違う感じです。それで”大津”に行ってみることになりました。

大津港周辺の湖岸散歩

しばらくぶりの”大津港”、奇麗に整備されているのに驚きました。周辺一帯が広々とした公園です。行き交う遊覧船を見ながら、芝生でお弁当を食べている人、小さな子供を遊ばせているお母さん。人それぞれ、思うがままに過ごされてました。

遊覧船乗り場の北側にある広場とヨットハーバー

広場の真ん中にシンボルのような木。南北にある通路には、両側に円柱。琵琶湖と広場の間には背の高い「モノリス」をイメージさせる2本の柱状モニュメント。遊び心のある設計です。

広場の周辺の階段は円形状になっていて、イベント時の椅子にも出来そうです。

Square

Square

Square

そして、広場の北側には会員制のヨットハーバーがあります。
ヨットを所有するなんて「夢」ですね。

遊覧船乗り場から南の”なぎさ公園”

大津港から湖岸に沿って、大津プリンスホテルまでの4.8kmが”なぎさ公園”で、所々に駐車場とトイレがあります。ここでは散歩はもちろん、ジョギング、魚釣りなど、皆さん自由に楽しんでいます。

子供が小さいころに、ブラックバスやブルーギルを釣りに来てたのを思い出しました。

なぎさ公園からは遊覧船がよく見えます

Nagisa Park

Nagisa Park

なぎさ公園から見える建物
大津ホテルとラウンド1
Peripheral facilities

大津ホテルでバイキングもいいし、隣の遊戯施設でも食事が頂けます。
天気が急変したら逃げ込むのに恰好の場所ですよ。

近くにこんなのがいました!野生のあひるをこんなに近くで見るのは初めて。大きさにびっくりです!
duck

遊覧船”ミシガン”

Michigan ship

琵琶湖を代表する遊覧船の「ミシガン」はアメリカのミシシッピー川で運行されていた外輪船をモチーフに建造されていて、船体後部の赤い羽根(パドル)で運行する外輪船です。

1982年(昭和57年)から運行されている「ミシガン」。同タイプの船は、東京ディズニーランドの「マークトウェイン号」だけです。

「外輪船」とアメリカを思わせるデザインは貴重な存在です。

ミシガンの写真集

「ミシガン」今日の写真を紹介します。

Michigan paddle steamer

 

湖上から360度見渡せる「ミシガン」にのって食事。優雅なひと時が楽しめます。

また、機会がありましたら乗船してみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました