プラグイン

WordPress

プラグイン「Redirection」でユーザビリティ―向上とSEO対策

「.htaccess」ファイルに記述しなくても、301リダイレクトや302リダイレクトが簡単に設定出来て管理ができるプラグイン「Redirection」の設定から使い方までを詳しく解説しています。また、「Redirection」で設定可能なステータスコードも簡単に解説していますので、SEO対策にお役立てください。
WordPress

EWWW Image OptimizerのWebP変換がうまくいかないのはXserverの設定かも?

この記事は「EWWW Image Optimizer」で「このサイトには mod_headers が抜けているようです。この Apache モジュールを有効化するよう、ホスティング会社やシステム管理者にご連絡ください。」と表示が出て、WebP変換がうまくいかない方に是非試して欲しい方法を紹介しています。
WordPress

メディアライブラリの画像を仮想フォルダーで整理できるプラグイン「FileBird」

「FileBird」は、WordPressメディアライブラリ内に仮想フォルダーを作成して、ファイルを整理することができる便利なプラグインです。これを使うと、メディアライブラリ内にアップロード順に並んでいたファイルを仮想フォルダーに分けて整理することができるため、検索がしやすくファイルの差し替えなどが簡単に行えるなどのメリットがあります。
WordPress

画像ファイル名を変換するプラグイン「Media File Renamer」

何かと煩雑になりやすいメディアファイル。適切な名前を付けると管理がしやすく、SEOの観点からも好ましい状態になります。「Media File Renamer」は、アップロード済のメディアのファイル名が変更できるプラグインで、アップロード済の「imgタグ内」も自動修正してくれるためデッドリンクになりません。
WordPress

【Cocoon】キャッシュプラグインWP Fastest Cacheで高速化

“WP Fastest Cache”は日本語対応で初心者でもサイトを高速化できます。 テーマ”Cocoon”にも「高速化」というキャッシュ機能が付いていますが、 公式サイトお勧めのキャッシュプラグイン“WP Fastest Cache”を併用すると、さらなに高速化します。
WordPress

Phoenix Media Renameで画像ファイル名を一括変換

Phoenix Media Renameはデフォルトでは変更できない画像ファイル名を書き換えられます。 既に投稿している記事の画像URLも自動で書き換えるのでリンク切れの心配がない。
WordPress

【2022最新】EWWW Image Optimizerの設定とWebPへの変換方法

”EWWW Image Optimizer”は画像を劣化させることなく自動でサイズを圧縮してくれるプラグインで、個人情報を保護するためのメタ情報の削除や”WebP”変換にも対応しています。 【メリット】 画像サイズを圧縮することでサイトの表...