文化/名店-老舗-伝統

文化・教育

京都|一休さんが伝えたと言われている「大徳寺納豆」は何の料理に使う?

大徳寺納豆は、天然の抗生物質が「ペニシリン」の数十倍もあるスーパーフードで、コクのある高級赤味噌の味がします。 炊き立てのご飯、お茶漬け委のお供が最高です。
風景・観光

京都|今宮神社の名物「あぶり餅」の歴史と「一和」と「かざりや」の違い

今宮神社の「あぶり餅」は平安時代からある日本最古の和菓子。 今宮神社の創祀とあぶり餅(一和)の創業はほぼ同じで、当時のあぶり餅に使われていた竹串は神社に奉納された斎串(いぐし)を使われていたことで、厄除けの菓子と呼ばれているのです。
食事・料理

京菓子|”阿闍梨餅本舗 京菓子 満月”の阿闍梨餅(あじゃりもち)

「阿闍梨餅」は、餅粉をベースに作り上げた皮が「しっとり」 丹波の大納言小豆の餡が「粒あんでありながら、粒を強調させない食感と、あっさりとした甘みと風味」 皮と餡とのバランスが絶妙で、数ある和菓子店でも真似ができない逸品です。
幸せの方程式

箱根寄木細工の秘密箱から出てきた大切なもの

箱根寄木細工の秘密箱はからくり箱として世界的に有名な伝統工芸品。 秘密箱は数十年前のクリスマスプレゼントが甦ったタイムカプセル。
文化・教育

京都の台所と呼ばれる錦市場と錦天満宮

京都の台所と呼ばれている錦市場は、京都一の繁華街である四条通りの1本北に位置する錦通りにあり、西は高倉通り、東は寺町通りまでの約400mの間で、古くからの魚屋や八百屋などの店舗が、狭い道を挟んで並んでいます。 京都の台所といわれるだけ...
文化・教育

日本の伝統を受け継ぐ|母が漬ける昔ながらの「梅干し」は太陽と塩の恵み

明治生まれの祖母の時代から4世代に渡って受け継いできた「梅干し」の漬け方。 市販の「梅干し」とは違い、使っている材料は「塩」と「赤紫蘇」だけ。 完全に無添加の自然食品でありながら10年経っても腐りません。
食事・料理

今夜のデザートは家族で味わう”プチガトー”

京都で有名な、ケーキ・洋菓子店で買った”プチガトー”で楽しむデザートタイム。 ”月替わりケーキ”に”季節のケーキ”とその時期に合わせたスイーツが楽しめます。
食事・料理

創業300年!京懐石”美濃吉”四条烏丸店で”鰻”を頂く

いつも母親の介護に家族の世話。忙しくしている妻に感謝を込めて昼食をご馳走。少し奮発して”美濃吉”四条烏丸店に行ってまいりました。 コロナが心配でしたが、案内されたのが3畳ほどの全室がある8畳の和室(個室)。テーブルが2セットありましたが、...
文化・教育

2020 落趣会展

1928年(昭和3年)から続いている京都の老舗による展示会が今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて中止になりました。 毎年、11月に京都市内の有名なお寺などで開催される「落趣会展」は「売り申さずお誉め下され」がキャッチフレーズで、...
食事・料理

京都の名店|緑寿庵清水の金平糖

1847年創業の「緑寿庵清水 (りょくじゅあんしみず)」は、日本で唯一の金平糖専門店で、一種類の金平糖を作るのに数日かける一子相伝の製法は今も引き継がれています。 20年ほど前までは、金平糖を作っているところを見学できたのですが、残念なが...
タイトルとURLをコピーしました