PR
言語切り替え

男の料理|手羽元で作るサムゲタン風煮込み

Samgyetang-style stew

鶏手羽元と白米で作るサムゲタン風のシチューを紹介します。

韓国の代表的な薬膳料理のサムゲタンは、丸鶏にニンニクやもち米などを詰めて煮込む料理ですが、手羽元と白米でも本格的なサムゲタンのような料理ができます。

薬膳料理というだけあって、季節の変わり目の体調不良や夏バテの解消に効果があります。煮込みに時間が掛かりますが、お箸でほぐれる鶏肉はホロホロで、とろみのあるスープは体の隅々まで温まります。

材料(2人分)

cooking ingredients

煮込み材料

  • 昆布だし(水だし):1L(水でもよい)
  • 鶏手羽元:6本
  • 白米:30g(もち米の代用)
  • 玉ねぎ:1個(くし切り)
  • 長ねぎ:1/4(白と緑が混ざっている分岐の部分)
  • にんにく:3片(みじん切り)
  • しょうが:15g(みじん切り)
  • 酒:大さじ2
  • ごま油:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • とうがらし:鷹の爪2本

薬味(トッピング)※お好みでどうぞ

  • ねぎ:適量
  • すりごま:適量
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

調理(作り方)

1.昆布だしで煮込む(約1時間)

Kombu dashi

昆布だし

Chicken wings, onion, rice

鶏手羽元・玉ねぎ・お米

Add seasoning

調味料を加える

Green onion, red pepper

長ネギと唐辛子を加えて煮込む

  1. 昆布だしが沸騰したら、煮込み材料をすべて入れ中火で煮立て、アクをすくい取ります。
    (材料の入れる順番は特にありませんが、「長ねぎ」と「とうがらし」は後で取り除くので、最後に入れた方が取りやすくなります)
  2. 蓋をして1時間煮込みます。(火加減は、蓋をしても吹きこぼれない程度のとろ火~弱火に調節します)

2.「長ネギ」と「とうがらし」を取り除く

Condition before removing green onions

トロトロになった長ねぎ

Condition after removing long onions

「長ねぎ」と「とうがらし」を取り除いた後

  1. 40分ほど煮込んだら「長ねぎ」がトロトロになっているので、「とうがし」とともに取り除きます。

「煮込み時間が長いので・・・ちょっと」と思われる方は、どこの家庭にもある炊飯器で煮込むのもありです。

↓↓以前に炊飯器の煮込みモードで1時間放置して出来上がったサムゲタン風煮込みです。
Simmer in a rice cooker

3.塩とこしょうで味を調えて完成

最後に塩とこしょうで味を調え、盛り付けて完成です。ちょうど2人分になりました。

Samgyetang is complete

今回のトッピングは、「長ねぎ」と「すりごま(金ごま)」です。

ホロホロの鶏肉ととろみスープ

長時間煮込んだ鶏手羽元はホロホロで、お箸でつかんだだけで骨から外れます。また、手羽元の端に付いている軟骨も柔らかくなっています。

Guinea chicken meat

とろみのあるスープは、見た目よりサッパリとした鶏のスープといった感じで、「にんにく」と「しょうが」の相性も抜群で、体を芯から温めてくれます。

冬場にお勧めの料理ですが、夏場でもエアコンの効いた部屋で1日中仕事をしている人にもお勧めです。食べると血行がよくなるためなのか、体がポカポカと温まります。