言語切り替え

京都|2022北野天満宮の梅苑の様子

京都の北野天満宮では「雪月花(せつげっか)の三庭園」の一つ「花の庭」が公開されています。梅の花の開花状況は写真(下)の通りで、今日(3月9日)は平日のために人出は少なめでした。

「宝物殿」の前は開花率80%程度

白梅

紅梅

「梅苑」の開花率40%~50%

見頃は、今週末です!天気予報では3月13日(日)までは気温が高く晴れの予想で月曜日は雨が降るようです。ライトアップも今週末(3月11日~13日の、金・土・日)が最終の予定になっています。

他には、「宝物殿」で「北野の刀剣」が一挙公開されています。展示されている重要文化財の鬼切丸(髭切)は、平安時代に、渡辺 綱(わたなべ の つな)が一条戻り橋の鬼(橋姫)の腕を切り落としたという伝説の宝刀。刀剣が好きな人は見ておきたい一振りです。

宝物殿

一条寺戻り橋の橋姫伝説は下の記事で書いています。

雪月花の三庭苑

今年の「梅苑」は、江戸時代の歌人・連歌師・俳諧の祖として讃えられた松永貞徳により作庭されたと伝わる「雪月花の三庭苑」の一つ「花の庭」を再興させた庭になっています。

雪月花(せつげっか)とは、白居易の詩「寄殷協律」の一句「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」によるもが語源で「雪・月・花」という自然の美しい景物を指しています。

令和復興「雪月花の三庭園」

  • 妙満寺の「雪の庭」
  • 清水寺の「月の庭」
  • 北野天満宮の「花の庭」

公開期間

◎梅苑「花の庭」

  • 公開期間:1月28日(金)~3月下旬(開花状況で閉苑日を決定)
  • ライトアップ:2月25日(金)~3月13日(日)の金・土・日
  • 開苑時間(通常):9:00~16:00(受付15:40終了)
  • 開苑時間(ライトアップ期間):日没~20:00(受付19:40終了)
  • 入苑料:大人(中学生以上)1,000円、子供(小学生)500円

◎北野の刀剣「宝物殿」

  • 公開期間(第2期):1月28日(金)~4月3日(日)
  • 時間:9:00~16:00(受付15:45終了)
  • 拝観料:大人1,000円、中学生500円、小人・修学旅行生250円

境内(南面の大鳥居、東側が入り口)には無料の駐車場がありますが、土日と毎月25日は駐車が困難な状況です。

※予定など変更される場合があるので詳しくは「北野天満宮HP」で確認してください。

タイトルとURLをコピーしました