言語切り替え

2020 落趣会展

1928年(昭和3年)から続いている京都の老舗による展示会が今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて中止になりました。

毎年、11月に京都市内の有名なお寺などで開催される「落趣会展」は「売り申さずお誉め下され」がキャッチフレーズで、京都の老舗が自慢の品を披露します。

平成30年(第86回 落趣会)の落趣会同人と過去の会場の一覧です。



おもてなし

会場では、日によって「表千家」「裏千家」が入れ替わりでお茶が振舞われます。
お茶菓子は「とらや」、お茶は「一保堂」で、どちらも有名な老舗です。

Japanese tea ceremony

tea confectionery

展示会場をめぐり最後は「尾張屋」のお蕎麦を頂きます。この季節に暖かいお蕎麦のおもてなしは有難い。

owariya

soba

展示会場

毎年会場がかわるので、普段見ることのできない庭や調度品が見ることが出来ます。



いづう(京寿司)

とらや(京菓子)

ゑり善(京呉服)

阿以波(京うちわ)

aiba kyoutiwa

aiba kyoutiwa

伊と忠(創作京履物)

itochu

伊東(御所人形)

itou gosyoningyo

itou gosyoningyo

一保堂(京銘茶)

ippodo-tea

岡重(京友禅染)

okaju kyoyuzen

宮井(風呂敷・袱紗)

miyai furosiki

宮脇賣扇庵(扇)

香鳥屋(ハンドバック・特選服飾品)

katoriya

katoriya

若松(高級帯地)

松榮堂(薫香)

incense

incense

聖護院(八つ橋)

ms.suzuka

yatyhasi



千切屋(染と織)

furisode

obi

 

千總(京友禅)

kyouyuzen

kyouyuzen

川島(西陣織物)

 

像彦(京漆器)

kyosikki

kyosikki

辻留(茶懐石)

田中彌(京人形)

kyo doll

豆政(五色豆)

瓢亭(懐石料理)

kyoto Kaiseki

 

タイトルとURLをコピーしました