言語切り替え

京都の「かもがわ」は「鴨川?」「賀茂川?」「加茂川?」どれが本当の表記なのか

京都市内の中心を流れる「かもがわ」には、「鴨川(かもがわ)」「賀茂川(かもがわ)」「加茂川(かもがわ)」といった表記があることをご存じでしょうか。

紅葉始まる鴨川「出町の中州」
Kyoto Kamogawa

京都市内で生まれ育った私は、「出町柳」から上流が「賀茂川」で、下流が「鴨川」と使い分けしているのですが、年配者のなかには「出町柳」から下流は「加茂川」が正しいという人もいて、地元民の間でも3種類の表記が混在しています。

「かもがわ」名の由来

「かもがわ」という名前の由来には諸説ありますが、一般的には、平安京遷都より遥か以前に、現在の賀茂社(上賀茂神社・下鴨神社)あたりに定住した賀茂氏(かもうじ)が語源だという説が有力とされています。

そして「賀茂氏」の「かも」にも、「加茂氏(かもうじ)」「鴨氏(かもうじ)」「加毛氏(かもうじ)」の表記があり、これが語源だとすると、はるか昔から幾つかの表記が混在していたことになります。

上賀茂神社と下鴨神社

「かもがわ」の上流に位置する上賀茂神社付近を「賀茂川」と呼び、下神社付近から下流を「川」と呼ぶという説がありますが、「上賀茂神社」と「下神社」という呼び名は後に付けられた愛称(通称)であるため疑問があります。

上賀茂神社(上社)の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」といい、御祭神は「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」です。そして、下鴨神社(下社)の正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といい、御祭神は「賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」と「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」となっています。

双方とも御祭神は「賀茂」一族で、「上流から流れてきた朱塗りの矢」の神話が山城国風土記に残されていることから「かもがわ」の語源に深く関わっているのは間違いがないと思われますが、上賀茂神社も下鴨神社も正式名称は「賀茂○○」なので、この時代に「賀茂川」と「鴨川」を使い分けていたというのには疑問があります。

歴史的資料「改正京町絵図細見大成」には「加茂川」という表記がある

「山城国風土記」には賀茂川、「日本紀略」には鴨川といった記載があります。そして、天保2年(1831年)出版の「改正京町絵図細見大成」には、柳ノ木と記載された出町柳を境に上流が「賀茂川」、下流が「加茂川」と記載されていて、どれが正しいのか、益々わからなくなります。

Kyō machiezu saiken taisei

出典:改正京町繪圖細見大成(所蔵:国際日本文化研究センター)

明治政府が「鴨川」で統一

新聞などで「かもがわ」を紹介する際、どの文字を使うのかという問題もあり、行政にとっても名称の問題は悩みの種でした。そして明治政府は、明治29年(1896年)に旧河川法の施行に伴い「鴨川」で統一したのです。

行政的には「鴨川」という名称で決着はしたものの、地元住民の間では定着することもなく現在に至っています。

現在の使い分けは「賀茂川」と「鴨川」

現在では、行政文章には「鴨川」に統一されましたが、一般向けには行政地元住民の意見も含めて検討され続けてきた結果、出町柳を基点に上流を「賀茂川」、下流が「鴨川」という使い分けで決着がついているようです。

「賀茂川」と注釈
Kamogawa sign

【京都府】わたしたちの鴨川

【わたしたちの鴨川】パンフレットの一部
Map of Kamogawa

上の図は、京都府が京都府民向けに作った「わたしたちの鴨川」というパンフレットの一部です。パンフレットの表題は「鴨川」となっていますが、この地図には「鴨川(賀茂川)」といった表記もあります。

このパンフレットには、鴨川の歴史にも触れていますので、興味のある方は以下のリンク(京都府のサイト)からPDFファイルを入手してください。

わたしたちの鴨川(パンフレット)

観光客向けでも「鴨川」と「賀茂川」

夏の兆しが感じられる5月から、京都の四条大橋を中心とした鴨川の河原に組まれる納涼床は、「京の夏の風物詩」として知られています。観光案内のパンフレットなどでは「鴨川納涼床」として紹介されて、このあたりの「かもがわ」は「鴨川」と表記されています。

鴨川納涼床
Kamogawa Nouryo-Yuka

先斗町歌舞練場で上演される「鴨川をどり」は、三条大橋の南側で「鴨川」に面しています。京都のブランド野菜である「賀茂なす」は、北区上賀茂、西賀茂周辺で栽培されていて、これもまた「賀茂川」付近です。

「グーグルマップ」や「ヤフー地図」も上流を「賀茂川」としているので、概ね辻褄が合うように使い分けされるようになったといえます。

まとめ

行政文章は「鴨川」で統一し、京都府民や観光客に向けては、上流を「賀茂川」とすることで、一応まとまりはしましたが、「京都市立加茂川中学校」や「加茂街道」といった道路があります。そして、「賀茂なす」を栽培している農家の方でも「加茂なす」と書いて販売している場合もあり、地元民の間では、まだまだ決着が付いていないのです。

kamopath,Kamogawa Junior High School

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク