言語切り替え

男の料理|チキンライスにふわふわの玉子を乗せた”オムライス”

フワフワ玉子のオムライス

柔らかく仕込んだ鶏むね肉で作ったチキンライスにトロトロ玉子のオムレツをトッピング

フワフワ玉子のオムライスの作り方

今回の課題は「安価なむね肉をいかに美味しくするか」で作り始めたチキンライスですが、我が家で定番になりつつあるフワフワのプレーンオムレツを上にのせてみました。

「チキンライス」と「プレーンオムレツ」の相性はいいですね。

材料(2人前)

☆材料

◎鶏むね肉の漬け込み

  1. 鶏むね肉:1枚(約250g)
  2. 日本酒:むね肉が漬け込める程度
  3. 食塩:適量
  4. 砂糖:適量

◎冷凍しておいたもの

  1. ブラウンマッシュルーム

◎その他

  1. 白飯:2膳分(500g)
  2. 玉ねぎ:半分をみじん切り
  3. オリーブオイル:適量
  4. トマトケチャップ:大さじ2
  5. デミグラスソース:大さじ2
  6. ウスターソース(ツバメのゴールドソース):小さじ1
  7. 塩:適量



下ごしらえ(鶏むね肉)

  1. 鶏むね肉を一口大に切る。
  2. 日本酒に塩と砂糖を入れて混ぜる。
  3. 一口大に切った鶏むね肉を漬け込む。
  4. 冷蔵庫で半日程度寝かす。

日本酒は、酸味、甘味、旨味、香りのバランスが良く、食塩との相性が良いのが特徴です。日本酒に漬け込むことで臭みが消え、コクとまろみ、甘味と酸味がつき、味に深みが出るうえに、つやが良くなり料理の仕上がりが美しくなります。

日本酒は水と違って、むね肉のようなバサバサの肉にも浸透しやすく柔らかくふっくらとした仕上がりになります。

今回は、どんな料理にでも使えるようにと日本酒(少量の塩と砂糖を加えた)だけに漬け込みましたが、いろいろな調味料を加えることで料理のレパートリーが増えます。

調理(チキンライスの作り方)

 

  1. オリーブオイルをひいた鍋に具材(玉ねぎ、ブラウンマッシュルーム、鶏むね肉)に塩を少々ふりかけて炒める。
  2. 炒めた具材はいったん取り出し、白飯を用意する。その間、鍋にオリーブオイルをひいてを強火にかけ熱しておく。
  3. 火加減は強火のままで、白飯だけを少しパラパラするまで炒めたら具材を混ぜ合わせる。
  4. ここまでが一工程で、火を止めます。

  1. 具材と白飯が混ざり合ったチキンライスに軽く塩をふり、混ぜながら真ん中をドーナツ状にする。
  2. ドーナツ状になった真ん中の空間に、調味料(トマトケチャップ、デミグラスソース、ウスターソース)を入れて混ぜ合わせれば「チキンライス」の完成。

調理(プレーンオムレツの作り方)

  1. 玉子5個に水(玉子1個に付き大さじ1程度の水が目安)を加え完全に腰を切る。
  2. フライパン(テフロン加工)に、作ろうとするプレーンオムレツ1個分の玉子を流しこむ。
  3. 底の方からまくり上げるように、フライパンの端に寄せながら混ぜる。
  4. 頃合いをみて、フライパンのエッジの部分を使いオムレツ状にする。
  5. フライパンエッジを使いながら、チキンライスの上に乗せる。

実食と家族の採点

「チキンライス」の上に乗せた「プレーンオムレツ」に包丁を入れるときが、この料理の見せ場。

 

今回は奇麗に広がり、家族が感動してました。快感です!

さて、家族の採点は・・・・・・・★★★★☆・・・・・美味しかったのに、なんで満点でないの?
減点の理由は「家族5人なのに2人前は少なすぎ」でした。

鍋の大きさもあって、この量が美味しく出来る限界でした。5人分を作るには、これを最低でも2回繰り返さなければなりません。「メンドクサイ」と思ったのが減点の対象でした。

  • 鶏むね肉の柔らかさと香り、味・・・・・・◎(鶏むね肉とは気付かなかったようです)
  • プレーンオムレツ・・・・・・・・・・・・◎(言う事なし)
  • ブラウンマッシュルームの香り・・・・・・◎

鶏肉を日本酒に漬け込むと、鶏の臭みが消え良い香りが付くのと同時に、柔らかくふっくらと仕上がります。
是非、やってみて下さい!



タイトルとURLをコピーしました