言語切り替え

「がんばる」をやめると何事もうまく行く

目的を達成するために「がんばろう」といってるけど・・・?

そもそも、「目的達成」と「がんばる」は違うのです。

過去を振り返ってみると、20代の頃はゴルフはシングル、ボーリングはアベレージ200ピン。・・・他。

それなりに結果を出していますが、がんばった記憶がありません。

仕事も同じで「面白そう!」と思ってやったことはうまく行っている。

「楽しい」と思ってやってることでも、実は「がんばった」と同じだけの努力はしているのです。

要するに気持ちの持ち方「がんばる」は「しんどい」だけ。

「楽しい」を原動力にすれば可能性は無限。

「楽しい」その先の目的地に行こう

自分で決めた「楽しい事」には目的があるはずです。そして、その目的地に到着するには「行く」と決めるだけで目的は達成できます。

これは「メタ意識」といって潜在意識よりもっと深い所の意識。

難しそうに聞こえますが、やり方は簡単です。

それは心から「行く」ときめて、到着した自分を「イメージ」するだけ。

例えば、「パリに行く」と決めたら、パリの事について調べるし飛行機やホテルの予約・・・・やることが見えてくる。

これと同じで、目的を決めたら勝手にやることは教えてくれます。

到着したら「何をしよう」、イメージは膨らますほど「メタ意識」はそれに答えてくれます。

「がんばる」は良いイメージにはつながりません。

「楽しい」気分で「メタ意識」を最大限に使うのです。

Live happily