言語切り替え

会社にお祀りしている「お稲荷さん」を改修したら業績が右肩上がり!

今から10年程前のことですが、会社にお祀りしている「お稲荷さん」のお社が老朽化して傾き始めました。
そして、これと同時に業績が思わしくなくなり事業の改善を模索。しかし、うまく行かない。

だれが言い出したのか「お稲荷さんが傾いていたら、会社は繁盛せいへんで!」確かにそうだ。

改修費用を会社の経費で賄うより、従業員の気持ちを込める意味で少額を出し合い改修することにした。
これが7年程前だったと記憶しています。

それから業績は右方上がりで来年度には「新社屋」まで完成する。

信じるも信じないもない「私が当事者」で一部始終を見てきたのですから!

本当に不思議です。

タイトルとURLをコピーしました