CSS|枠線を作る「borderプロパティ」

要素のまわりに線を引くことで、見出しの優先順序をわかりやすくすることや、グループ毎に線で区切ることが出来ます。線の種類・太さ・色などを自由にカスタマイズできるので、サイトを思い通りにデザインすることができます。

線の種類は「border-style」、太さは「border-width」、色は「border-color」それぞれのプロパティで装飾方法を指定します。これらのプロパティは併用することができるので、1つの枠線に、線種・太さ・色などを組み合わせて指定できます。そして、<h1>要素などの見出しや<p>要素、<div>要素などのグループを指定することができるので、デザインには欠かせないものになります。

線の種類「border-styleプロパティ」

「border-styleプロパティ」は、上下左右のボーダースタイルを一括して指定するときに使用します。上下左右を異なったスタイルにしたい場合は、半角スペースで区切って複数の値を指定します。

  • 値を1つ指定した場合:「上下左右」すべてにスタイルが適用されます。
  • 値を2つ指定した場合:記述順に「上下」「左右」にスタイルが適用されます。
  • 値を3つ指定した場合:記述順に「上」「左右」「下」にスタイルが適用されます。
  • 値を4つ指定した場合:記述順に「上」「右」「下」「左」と時計回りにスタイルが適用されます。
主な値
指定方法説明
non線を非表示(初期値)
solid1本の実線
double2本の実線(二重線)
dashed破線
dotted点線
groove立体的に窪んだ線
ridge立体的に隆起した線
inset囲まれた領域が窪んで見える立体的な線
outset囲まれた領域が隆起して見える立体的な線
記述例<CSS>
/*<p>タグにスタイルを適用(1本の実線)*/
p {
    border-style: solid;
}
/*<div>タグにスタイルを適用(二重線)*/
div {
    border-style: double;
}

記述例では「solid」と「double」を使った CSS ですが、様々な値を使ったボーダースタイルが下の表示です。

※枠内の文字は表示される枠線に使った、それぞれの値の記述(CSSコード)になります。
※最下部のスタイルは、4つの値で「上下左右」を指定しています。
※<p>タグや<div>要素だけでなくh1>要素などの見出しにも使用できます。

<ブラウザ表示>

関連するプロパティ

「border-styleプロパティ」は、上下左右のボーダースタイルを一括して指定するのに対して、下の表のプロパティは、上下左右を個別に指定します。

プロパティ名機能
border-top上側のボーダを指定(線種、太さ、色なども一括して指定)
border-right右側のボーダーを指定(線種、太さ、色なども一括して指定)
border-bottom下側のボーダーを指定(線種、太さ、色なども一括して指定)
border-left左側のボーダーを指定(線種、太さ、色なども一括して指定)
border-top-style上側のボーダーラインの種類を指定
border-right-style右側のボーダーラインの種類を指定
border-bottom-style下側のボーダーラインの種類を指定
border-left-style左側のボーダーラインの種類を指定

※最後に「style」が付いているプロパティは線種を指定、「style」が付いていないプロパティは一括指定に使います。

線の太さ「border-widthプロパティ」

「border-widthプロパティ」は、上下左右のボーダーの太さを一括して指定するときに使用します。上下左右を異なったスタイルにしたい場合は、半角スペースで区切って複数の値を指定します。

主な値
指定方法説明
thin細い線
medium普通の太さ
thick太い線
数値による指定「px」、「rem」、「%」などの単位を付ける
記述例<CSS>
div {
    border-width: thick;
    border-style: solid;
    margin-top: 50px;
    margin-left: 50px;
    padding: 30px;
}
h1 {
    border-width: medium;
    border-style: solid;
}
h2 {
    border-width: 1px 4px 8px 12px;
    border-style: solid;
}
p {
    border-width: thin;
    border-style: solid;
}

記述例は、<div>タグを太い線、<h1>要素を普通の線、<p>要素を細い線で囲み、<h2>要素は、「上下左右」それぞれに違う数値を入れて上下左右の線の太さを変えています。(上側:1px、右側:4px、下側:8px、左側:12px)

<ブラウザ表示>

関連するプロパティ

「border-widthプロパティ」は、上下左右のボーダーの太さを一括して指定するのに対して、下の表のプロパティは、上下左右を個別に指定します。

プロパティ名機能
border-top-width上側のボーダーラインの幅を指定
border-right-width右側のボーダーラインの幅を指定
border-bottom-width下側のボーダーラインの幅を指定
border-left-width左側のボーダーラインの幅を指定

線の色「border-colorプロパティ」

「border-colorプロパティ」は、上下左右のボーダーの色を一括して指定するときに使用します。上下左右を異なったスタイルにしたい場合は、半角スペースで区切って複数の値を指定します。

主な値
指定方法説明
カラーコード「#(ハッシュ)で始まる3桁もしくは6桁のカラーコードを指定
RGB値「rgb」から書き始め、赤(R)・緑(G)・青(B)の値を「,(カンマ)」で仕切って指定。透明度は0~1の間で記述します。
色の名前太い線

今回は、ボーダーに色を指定する方法ですが、「主な値」の使い方は↓↓の記事を参考にして下さい。

記述例<CSS>
.red {
    border-color: red;
    border-width: thick;
}
.blue {
    border-color: blue;
    border-width: thick;
}
.combination-color {
    border-color: red blue green yellow;
    border-width: thick;
}
参考<HTML>
<p class="red">border-color: red;</p>
<p class="blue">border-color: blue;</p>
<p class="combination-color">border-color: red blue green yellow;</p>
<ブラウザ表示>

関連するプロパティ

「border-colorプロパティ」は、上下左右のボーダーの太さを一括して指定するのに対して、下の表のプロパティは、上下左右を個別に指定します。

プロパティ名機能
border-top-color上側のボーダーラインの色を指定
border-right-width右側のボーダーラインの色を指定
border-bottom-width下側のボーダーラインの色を指定
border-left-width左側のボーダーラインの色を指定

枠線を作る「borderプロパティ」

「border-style」、「border-width」、「border-color」構成要素のプロパティを紹介しましたが、「border」のみの場合、一括して要素の境界を指定することができます。また、「border-top」、「border-right」、「border-bottom」、「border-left」を使えば、上下左右の一辺を指定することも出来ます。

記述例<CSS>
p {
    border: 5px double blue;
}
div {
    border-bottom: 2px solid red ;
}
<ブラウザ表示>
 
タイトルとURLをコピーしました