言語切り替え

京都|今宮神社の名物「あぶり餅」の歴史と「一和」と「かざりや」の違い

今宮神社の東参道には「一和」と「かざりや」という「あぶり餅」のお店が向い合せに建っています。あぶり餅は厄除けの菓子ともいわれ、平安時代から伝統の味を受け継いでいる日本最古の和菓子とされています。

紅葉が見頃を迎えた早朝の東参道の様子。向かって右が「一和」さん、左が「かざりや」さんです。

Higashi-sando

朝早くは、参拝に訪れる人たちも少なく落ち着いた雰囲気ですが、お昼を過ぎると参拝する人も増え始めあぶり餅屋さんの前に行列ができます。

procession

あぶり餅は、きな粉をまぶした親指ほどのおおきさの餅を竹串にさして、炭火で焼いたものを京都ならではの白味噌ベースのタレにつけていただく餅菓子です。

きな粉の焼ける香ばしい風味を感じながら、歴史ある町屋造りの軒下で頂くあぶり餅は、参拝者たちの交友の場でもあり日本の古き良き時代を思い起こさせます。

京都に住んでいると、遠方から遊びに来る友人・知人から京都の観光案内を頼まれることも多く、京都人ならではの知られざる名所を案内しているのですが、「なんなり」とした京都らしいこの場所を外したことはありません。

Aburimochi

あぶり餅の歴史

あぶり餅の歴史は驚くほど古く、「一和」の初代「一文字和助」が香隆寺(京都市北区にあった真言宗寺院)の名物だった「おかちん(勝餅)」を今宮神社に奉納したのが始まりだとされています。

「一和(いちわ)」さんの創業は長保2年(1000年)、平安時代からある日本最古の和菓子屋で、「かざりや」さんは寛永14年(1637年)、江戸時代の創業という驚くほどの歴史があります。

今宮神社とあぶり餅(厄除けの菓子)

今宮神社は長保3年(1001年)に疫神を鎮め祀るために紫野御霊会が修せられるとともに、船岡山の神輿を今宮神社に遷し祀ったのが創祀(そうし)とされていています。

今宮神社の創祀とあぶり餅(一和)の創業はほぼ同じで、当時のあぶり餅に使われていた竹串は神社に奉納された斎串(いぐし)を使われていたことで、厄除けの菓子と呼ばれているのです。

今宮神社の厄除けといえば、毎年4月の第2日曜日に行われる「やすらい祭」という京都で最も早くに行われる祭があります。

京の三奇祭の一つとされる「やすらい祭」は今宮神社創祀のころから行われている疫神を鎮めるための祭であり、桜や椿などで飾られた「花笠」に入ると、1年間健やかに過ごせるといわれています。

地元では、やすらい祭の日には花笠に入り、あぶり餅を食べると、1年間は厄除けができて健康で過ごせるとされているのです。

Yasui Festival & Aburi Mochi

向かい合う「あぶり餅」の味の違いは

初めて訪れる人にとっては味の違いが気になるようで「どちらが美味しいの?」と聞かれます。「一和」さんのほうが焼きが強く香ばしく、「かざりや」さんほうがタレが甘めな傾向にあるのですが、その違いは微妙なもので、どちらを頂いても間違いなく美味しいと感じるはずです。

そもそも「あぶり餅」は古くから受け継がれてきたレシピのない伝統菓子であり、素材を存分に生かした素朴な味は季節や天候などによっても微妙に味が違うものです。それが手作りの良さなので、気になる方は食べ比べをしてみるというのも一つの楽しみ方ですね。

あぶり餅「一和」
Ichiwa

あぶり餅「かざりや」
Kazariya

あぶり餅「一和」

「一和」さんの店舗は、『今宮神社東門へと続く参詣道の通り景観の形成に重要な建造物である』として京都市の景観重要建造物に指定されています。

店舗は複数の建物が密接しでいて、古い建物は元禄年間、新しい建物でも大正時代のものとされています。また店内の中央には、平安時代からのものとされている直径3mもの大きな井戸があります。

この井戸は現在も使われていて、お店の方にお願いすれば見せてもらえます。

井戸の入り口
Entrance of Ichiwa well

井戸の内部
Ichiwa Well

あぶり餅「かざりや」

「かざりや」さんは創業400年近くであり、その佇まいに歴史を感じます。

こちらが比較的新しいお店の入り口で中に入るとすぐ傍に「水琴窟」があります。

入り口
Kazariya entrance

店内
Inside the private room

この水琴窟には、弁天様がお祀りしてあります。ひしゃくで弁天様に水をかけると、弁天様が奏でる琵琶のような美しい音色が聞こえてきます。

水琴窟
Suikinkutsu

弁天様
Benten

さいごに

今宮神社周辺には大徳寺を初め、応仁の乱では西陣が城砦を築いた船岡山があり、その山の東側には織田信長公を祀る建勲神社など歴史的に重要なところが多くあります。

また、今宮神社周辺は時代劇に欠かせない撮影場所でもあり、運が良ければ好きな役者さんに会えるかも知れませんね。

今宮神社の所在地

〒603-8243
京都府京都市北区紫野今宮町21

門前菓子「あぶり餅」のお店、「一和」と「かざりや」は東門を出たところにあります。

スポンサーリンク