言語切り替え

仕事につかえる接待術|二次会の店探し

大切なクライアントの接待、食事の場所や二次会のセット。結構大変ですよね。

食事の場所は比較的決めやすいのですが、二次会で飲みに行くとなれば、行きつけのお店がないと困ります。飛び込みは席の数や予算が合うのか心配です。

クライアントを接待するための二次会のセット。行きつけのお店を持たない私の、とっておきの方法を教えます。

二次会のお店選びと予約

食事はさておき二次会の飲み屋(クラブ・バー等)についてお話しします。友人、知人に紹介してもらう事もなく、インターネットや広告も使いません。やる事はクライアントを接待するまでに一日だけ、飲み屋街をうろつくのです。

一人でお店探しを兼ねて飲みに行くのではありません。飲まずに店を探し予算を決めて予約するのですが、店をのぞいたりしません。やる事はカッコよくスマートに「ナンパ」です。

飲み屋街で「ママ」をナンパする

「ナンパ」で大事なクライアントを接待する飲み屋を決めるのは大丈夫かと不安に思うかも知れませんが、この方法は、クライアントも飲み屋も満足する方法なのです。

ここからは少し怪しそうなお話しになりますが、最後まで読んで下さいね。

夜の飲み屋街、時間は夜の9時頃。着物を着た小奇麗な年配の女性がターゲットです。

  • ホステスの居る飲み屋の開店時間は、夜の8時が多いので9時頃に歩いている女性は「ママ」の確立が高い。
  • 着物を小奇麗に着こなしている女性は「ママ」の確立が高く、店の品位も悪くない。(品位はきっちりと見分けましょう)

これだと思ったターゲットに躊躇なく紳士的にアタックします。

だるま
だるま

こんばんは!少し時間をお借りしてもよろしいですか?

ママさん
ママさん

はい!どうされました?

だるま
だるま

お見受けしたところ、この近くのお店の「ママ」さんですか?

ママさん
ママさん

ええそうですけど?

だるま
だるま

実は来週の○○曜日にお客様と一緒に飲みに行くお店を探しているのですけど、「ママ」のお店は一元でも大丈夫ですか?

この様に、切っ掛けを作り話しを進めて行きます。スーツを着こなし紳士的に話しをすると相手は「ノー」とは言いません。むしろ新しい「お客」が増えると思いウェルカムです。

ここからが交渉です。交渉のポイントは人数、値段は必須でホステスの数など、遠慮なく聞いておかないと後でトラブルの基になります。

  • 店の広さとクライアントが座れるだけの充分な席はあるか?(必須)
  • 予算の交渉(必須で値段が合わない場合は次を当たりましょう)
  • 店の場所と名前(必須)
  • ホステスが居るのか?数は?

ここま話が進むと、ほとんどの「ママ」は名刺をくれますが、自分の名刺は出しません。

「お店」が信用できるのか気になるところですが、こちらから仕掛けた会話なので、ほぼ問題はありません。(向こうから声を掛けてくる相手は要注意。相手にしてはいけません。色仕掛けでくる相手は詐欺の店だと覚えておきましょう)それでも不安な場合は、後で店に出入りする客を観察するのが良いでしょう。

今までの経験では、「お店を覗いて見ますか?」と誘われることもありましたが、余計な経費が掛かるので、行かない事にしています。(不安なら覗くのもありです)

経験豊富なビジネスパーソンなら、紳士的に毅然と会話することで、大抵の事は分かるはずです。

接待当日

クライアントと食事中に二次会の相談、行くことに決まれば席の確認のため、電話で予約を入れます。電話を入れておけば、新規の「お客」のために満席でもなんとかしてくれます。

店に入ると私は「ママ」の客で、ホステスの対応も違ってきます。「ママ」は約束通り本当に来てくれたと喜ぶ。このように「お店」が対応してくれたらクライアントも居心地がいいものです。これに加え、料金が予算内に収まる。

注意点

私の場合、「ママ」との会話で概ね状況がつかめますが、遊んだことのない人には少しハードルが高いかも知れません。経費が掛かりますが、クライアントを招待する前に「お店」を覗いておくのが確実です。

「お店」を覗くのは、クライアントを招待するための下見ですから店の「お客」になってはいけません。

効果は抜群ですが、自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました