Cocoon”bogo”ブロックエディター不具合

プラグイン”Classic Editor”は2022年以降、サポートが無くなるかもしれない状況を踏まえ、ブロックエディターに切り替えようとしています。

“WordPress”バージョン5.0以降、新ブロックエディターGutenberg(グーテンベルク)が導入されましたが、制作途中の記事を一旦保存して、再度編集をしようとすると初期画面になる不具合が発生。

調査した結果、多言語化のプラグイン”bogo”が1つの原因だとわかりましたが、他にも原因がありそうです。試しに、他のサイトに”bogo”を入れてみたのですが正常に動作しています。

新ブロックエディターの症状

テスト的に新規ページを作り「下書き保存」の状態を試してみました。

新規に作ったテストページを「下書き保存」

「下書き保存」した記事を編集のために開いてみると初期画面が表示される。

プレビューで表示するとテスト的に書き込んだページが表示される。

プラグインを無効にした結果

使用しているプラグインすべてを「無効化」にしてテストしたところ問題が解決したので、1つずつ「有効化」にして、問題を起こしているプラグインは”bogo”であることが確認できました。

“bogo”を無効化にするとグローバルメニューの表示がおかしくなり、サイト全体の記事も日本語と英語の区別なく表示されるといった問題が発生。

元のグローバルメニュー

“bogo”を無効化した場合のグローバルメニュー

英語に翻訳した記事を書いている関係上、”bogo”を無効にするわけにいかないので解決方法を模索。

開発者「Takayuki Miyoshi」さんも問題を認識され、新バージョンの開発中の様なので、公開されるまではGutenbergを無効にすることにしました。

下記のサイトに開発中のコメントが載っています。URLhttps://ja.wordpress.org/support/topic/bogo%E3%81%A7%E5%A4%9A%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%9B%B4%E6%96%B0%E6%99%82%E3%81%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0/

新バージョンの公開を心待ちにしているところです。

プラグイン”bogo”を使用のときはGutenbergを無効

Cocoon設定の「エディター」を選択して「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外すと旧ビジュアルエディター形式で投稿画面が表示されます。

多言語化のプラグイン”bogo”をお使いの方は、しばらくの間ブロックでディタ―の使用を控えた方か良いようです。