心/悩み

学び・気づき

人生や仕事の悩みを解決できるかもしれない「メキシコの漁師」の話しとは?

この物語のうわべは、事業で大成功を収めて手に入れたいものが、その日暮らしの漁師がすでに手に入れているといった面白い話しですが、見方を変えると様々な意味があり深く考えさせられる面もあります。そして、人が最終的に求めているものは同じであり、だだそれを手にする方法が違うだけなのかも知れません。
幸せの方程式

潜在意識を変えれば苦労しなくても夢はかなう

潜在意識は自分の中にいるもう一人の自分であり、気付かないうちに自分の人生のほとんどを決めているのです。夢をかなえるもの潜在意識であり、味方に付けるとすべてが好転し始め、思い通りの人生になります。この記事では、潜在意識を書き替えて強い味方にする方法を紹介しています。
幸せの方程式

「ゲシュタルトの祈り」はメンタルを強くする魔法の呪文

「ゲシュタルトの祈り」はゲシュタルト療法の哲学に基づいたメンタルを強くする魔法の呪文。すべての現実をあるがままに受け入れ、変えることのできることとできないものを知ったうえで、自分の考え持ちつつ他人を理解すれば、今まで以上に人間観家が好転します。キーワードは「私は私、あなたはあなた」です。
学び・気づき

私たちはすでに教育という名で洗脳されている|民主主義国家の洗脳とは?

私たちが常識だと思っている世界観や価値観は、教育という名の洗脳によるもので、本当の意味での「自分の考え」ではありません。 より良い人生を送るために本当の自分の考えを持つ。大人になってからが本当の勉強。
文化・教育

京都の石像寺(釘抜地蔵)|病や心の苦しみから解放してくれる空海ゆかりのパワースポット!

石像寺(釘抜地蔵)は京都市内の千本通にある小さな寺院で、多くの人が不思議な体験をされています。 地元では「くぎぬきさん」と呼ばれ、あらゆる病や心の「苦」という釘を抜いてくださる有難い寺院です。
学び・気づき

お彼岸の本来の意味とは?いったい何をする日なのか?

彼岸とは古代インドから伝わった考え方で、迷いや悩みのない世界を「彼岸」と呼びます。彼岸会とは、春と秋に行われる7日間にわたって行われる法会のことで、彼岸の中日に先祖に感謝し、残りの6日間は悟りの境地に必要な「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を1日に1つずつ修める日とされています。
学び・気づき

極楽浄土は存在しない!仏教の教えは生きている人のためにある

釈迦が説いた原始仏教では、「死後の世界は存在しない、仏教は生きている人のためにある」というのが本来の教え。 死んだ人間はただの物質であり、極楽浄土や地獄に行くことはない、ましてや輪廻転生などというものは存在しない。
学び・気づき

お釈迦様の教え|苦しみを克服する方法【四諦八正道】

「四諦八正道」とは、「さとり」へと導く四つの真理である「四聖諦」という教えと、 これらを克服する修行として「八正道」と呼ばれる八つの正しい道が挙げられています。
学び・気づき

お釈迦様の教え|この世の真理【四法印】

病気や死を恐れながら、人間関係に悩まされる日々。根本的な解決策もなく「なんとも思い通りにならない人生なのだろう」と悩んでいる間に年を取る。 老いてくると、ただでさえ思い通りにならない人生が、体の老化とともに益々「思い通り」にならなくなってい...
幸せの方程式

我慢はするな!幸せに生きる為に「相手にしてはいけない人達」

この記事では、相手にしてはいけない6タイプの人達の特徴をまとめています。また、相手にするこのデメリットや対処法なども解説していますので参考にしてください。 我慢して嫌な人を相手にしているほど人生は暇ではありません。 限りある時間と労働は自分のために使いましょう。そうすれば、明日は今日より良い日になります。