初心者向けに無料で使えるFTPソフト「FileZilla」の使い方を解説

filezilla

今回紹介する「FileZilla」は、自分のパソコンと、サーバーの間でファイルをやり取りするためのツールです。

これを使うと簡単に、サーバー側にあるファイルの入れ替えや、WordPressのバックアップなど幅広く利用できます。

Web制作の作業では、必ず必要となるツールなので、初心者向けにインストール方法から使い方までを詳しく解説していきます。

「Filezilla(ファイルジラ)」とは

「FileZilla」とは、PTFと呼ばれる通信規格を用いて、サーバーに対してファイルの送受信(ダウンロード・アップロード)をするためのソフトです。

「FTP」とは

FTPは“File Transfer Protocol”の頭文字を取った言葉で日本語では「ファイル転送プロトコル」といい、コンピューターネットワークにおいて、クライアント(自分のパソコン)とサーバーの間でファイル転送を行うための通信規格(プロトコル)です。

「FileZilla」の特徴

「Filezilla」には以下の特徴があります。そして、人気のレンタルサーバーでも利用をサポートしているため安心して使用できます。

「Filezilla」の特徴

  • 無料(フリーソフト)で使用できる
  • FTP・SFTP・FTPSの通信規格に適応
  • Windows・Macとも使用可
  • 日本語に対応

レンタルサーバーのサポート状況

以下のレンタルサーバーが、「FileZilla」の利用をサポートしており、各社とも「サポートページ」で「FileZilla」(FTPソフト)の設定方法を紹介しています。

サーバー名 運営会社 公式サイト
サポートページ
Xserver
(エックスサーバー)
エックスサーバー株式会社

エックスサーバー公式サイト  

☛サポートぺージを開く

ConoHa WING
(コノハウイング)
GMOインターネットグループ株式会社

ConoHa WING 公式サイト

☛サポートページを開く

ロリポップ GMOペパボ株式会社

ロリポップ 公式サイト

☛サポートページを開く

それでは、「FileZilla」のインストール方法と、「Xserver」を例に接続と使い方を解説していきます。サーバーをお持ちでない方は、この機会に上記のレンタルサーバーの検討から始めてください。

「Filezilla」のインストール

まずは公式サイトから「Filezilla」のインストーラー(.exe file)をダウンロードします。

公式サイトには、パソコンにインストールして使用する「FileZilla Client」とサーバーにインストールして使用する「FileZilla Server」があります。

今回は、パソコンにインストールして使用するため、「FileZilla Client」のダウンロードボタンをクリックします。

client

以下の画面が表示されたら、いちばん左側の無料版「FileZilla]をクリックして、インストローラー(FileZilla_〇〇_〇〇-setup.exe)をダウンロードします。

free-version

ダウンロードしたインストローラーをクリックすると、以下の画面が表示されるので「I Agree(同意します)」をクリックして、インストールしていきます。

i-agree

あとは以下の手順に添って「FileZilla」をインストールしてください。

インストール手順 1
installation-procedure-1

インストール手順 2
installation-procedure-2

インストール手順 3
installation-procedure-3

インストール手順 4
installation-procedure-4

インストール手順 5
installation-procedure-5

インストール完了
installation-procedure-6

以下のメインウインドウが開けば正常にインストール出来ています。

main-window

「FileZilla」のメインウインドウの見方は、左側のパネルが「自分のパソコン」で、右側のパネルが「サーバー」です。

今は、サーバーと接続されていないため右側パネルが空欄になっていますが、接続するとサーバー内のファイルが表示され、双方でファイルの送受信ができるようになります。

それでは引き続き「FileZilla」をサーバーに接続する方法を解説します。

「Filezilla」を「Xserver」に接続する準備と手順

「FileZilla」をXサーバーに接続する手順は以下の通りです。なお、サーバー情報を事前に入手しておくとスムーズに設定が行えます。

  1. 【事前準備】サーバー情報を入手
  2. 「FileZilla」を起動
  3. 「サイトマネージャー」を開く
  4. 「新しいサイト」を作成する(任意のサイト名を設定)
  5. 「FTP情報」を入力
  6. サーバーに接続

サーバー情報を事前に入手

「FileZilla」をサーバーに接続するために必要なFTP情報は以下の通りです。

  • FTPホスト名(FTP]サーバー名)
  • FTPユーザー名(FTPアカウント名)
  • FTPパスワード

上記のFTP情報は、サーバーを契約した際に送られてきた「サーバーアカウント設定完了」を知らせるメールに記載されているので確認してください。

もし、メールが見当たらない場合は、Xサーバーの管理画面で確認します。

  1. 「Xサーバー」にログイン
  2. 「サーバー管理」をクリックして管理画面を開く
  3. 「FTPサブアカウント設定」をクリックしてドメイン選択画面を開く
  4. 初期ドメイン「○○〇.xsrv.jp」を選択して「サブFTPアカウント設定」を開く
  5. 「FTPソフト設定」をクリックして「初期FTPアカウントの設定内容」を確認

「初期FTPアカウントの設定内容」には、「FTPサーバー(ホスト)名」と「ユーザー名(アカウント名)」が記載されているので、メモを取るなどしておきましょう。

ftp-account

なお、この設定画面でパスワードは確認できません。パスワードを完全に忘れてしまった(見つけられない)場合はXサーバーに問い合わせしましょう。

「Filezilla」の接続設定

「FileZilla」を起動し、「ファイル」>「サイトマネージャ」をクリックします。サイトマネージャーが開いたら「新しいサイト」をクリックして、接続設定画面を開きます。

サイトマネージャーを開く
open-site-manager

新しいサイトをクリック
open-new-site

 

「自分のサイト」と名前の付いたフォルダーの下に、「新しいサイト」というサブフォルダーができているので、任意の接続先名を設定します。(以下の例では、「Xsever」としています)

次に、後述する「FTP情報」を入力して、接続をクリックします。

connection-settings

FTP情報を入力する欄には以下の情報を記入します。

  • プロトコル(T):「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択
  • ホスト(H):事前に入手したサーバー情報「FTPホスト名(FTP]サーバー名)」を入力
  • 暗号化(E):「明示的な FTP over TLS が必要」を選択
  • ログオン タイプ(L):「通常」を選択
  • ユーザー(U):事前に入手したサーバー情報「FTPユーザー名(FTPアカウント名)」を入力
  • パスワード(W):事前に入手したサーバー情報「FTPパスワード」を入力

サーバーに接続

「接続」をクリックすると「パスワードを保存しますか?」と聞かれます。パスワードを保存しておくと「FileZilla」の再起動時にパスワードを再入力することなく接続できます。(パソコンの使用環境などを考慮して設定しましょう)

save-password

接続が完了する前に「不明な証明書」が表示されることがありますが、「今後は常にこの証明書を信頼する」と「信頼されている代替ホスト名で証明書を信頼する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

certificate

サーバーに上手く接続できると、以下のように「Filezilla」の右側パネルにサーバー側のフォルダーが表示されます。これで接続は完了です。

server-connection-completed

「FileZilla」の使い方

まずは、以下の図で「FileZilla」のメインウインドウの見方を説明します。

FileZilla-main-window

メッセージログ サーバーとの接続状況のログを表示
ローカル環境(自分のPC) 上の欄がフォルダー一覧、下の欄は上の欄で選択したフォルダーの中身
サーバー環境 上の欄がフォルダー一覧、下の欄は上の欄で選択したフォルダーの中身
転送ステータス ダウンロード・アップロードの進捗状況を表示

これだけを理解しておけば、使い方は簡単です。

ファイルの転送方法

ファイルを転送方法を解説する前に、「FaileZilla」における「ダウンロード」と「アップロード」について簡単に説明します。

  • ダウンロードとは、サーバー側にあるファイル・データーをコピーして、自分のパソコン内に保存することです
  • アップロードとは、自分のパソコン内のファイル・データーをサーバー側にコピーすることです

ダウンロードとアップロードの方法は基本的に同じで、「ドラッグ&ドロップ」する方法と「右クリック」でコマンドを選択する方法があります。

ダウンロード

「ドラッグ&ドロップ」でダウンロード

drag-and-drop-download

「右クリック」でコマンドを選択してダウンロード

right-click-download

アップロード

「ドラッグ&ドロップ」でアップロード

drag- and-drop-upload

「右クリック」でコマンドを選択してアップロード

right-click-upload

これ以外にも、エディターと連携させると、「FileZilla」から直接起動させて、ファイルの中身(プログラム)を書き換えることもできますが、まずは「ダウンロード」と「アップロード」の方法を完全にマスターしてください。

まとめ

今回は初心者向けに、FTPソフト「FileZilla Client」の使い方を図解で分かりやすく解説しました。

「FileZilla」は、Wab制作を仕事にしている方だけでなく、副業でWordPressなどを使ってサイトを立ち上げている方など、サーバーをお持ちであれば必ず必要になるツールです。

始めは、難しく感じるかも知れませんが、早く慣れ親しんで、より良いサイト制作に役立ててください。

スポンサーリンク