言語切り替え

メンズエステで有益な情報をゲット!なるほどと思ったこと。

顔の皮膚が弱いせいか髭を剃ると、いつも血だらけになります。ひどい時は傷ついた所が瘡蓋になってしまうのです。

男といっても「お爺さんだから、いいか」と思っていましたが、時々痛みを感じるようになったので病院に相談しに行ったのですが、「塗り薬」を処方されただけで治らない。

いろいろなカミソリを試しましたが思わしくない。電気シェーバーも効果なし。
髭を伸ばしてしまおうかな!?

そんな時、目に留まった1枚のチラシ「MEN’S TBC」の脱毛とやら。
脱毛までいらないけれど、対策を相談しに行くことに。

MEN’S TBC京都駅前店

場違いの所に来てしまったのか?恐る恐る店の中に入ってみると、落ち着いた雰囲気。BGMもいい感じで、ほんのりとしたいい香りが漂っている。

「すいませ~ん!」声をかける。「いらっしゃいませ」と対応しに出てきてくれた青年。
男から見ても、いいようのない男前。
(肌も奇麗だし透き通っている。若い男性なら「こんな男前になれるなら」と通う気になるだろう。)
「ご相談があるのですが・・・」「もちろん!何なりと」
(対応も非常によく、おもてなしを受けている感じがする。)

カミソリ負けの相談

脱毛にかかる費用や、肌の手入れに使う基礎化粧など一通り話しを聞いてみた。
それなりに費用がかかりそうだ。

対応してくれたスタッフも無理には勧めないし、良心的でした。

男前スタッフのアドバイス

私の肌の状態を観察して
「乾燥しすぎで肌が痛んでいます。美容の基本は保湿です。」

彼の見解は
保湿だけですべて解決します。

高価な美容液を勧めずに
「保湿は油分でできるので、オリーブオイルやココナツオイル・・・いろいろ」
費用がかからない方法を教えてくれました。

最高のオイルは「馬油」

教えてもらった保湿用のオイルやクリームを一通りテスト。
一か月以上かけて辿り付いたのが「馬油」
これで血だらけのカミソリ負けから解放されました。

馬油を水で薄めて整髪料にも使える。就寝前に爪に塗り込んでおくと徐々に油分が浸透して次の日は「ピカピカ」。綿棒の先程度の量で顔全体。
化学薬品でない馬の油なら、リップクリームの代わりにもなる。


会社の女性にこの話しをしてみると、「馬の油?ありえない、私はコレ」と見せられたのは高級な容器。
小さな容器で¥5,000~\15,000だって!これには私も「ありえない!」
女性は美容に対して費用は関係ないのでしょうか?

しばらくして
「ありえない」
と言っていた女性が、こっそりと「馬油」を持っていて、「これ、安くていいよね!」とこっそりと言ったときには、思わず笑ってしまった。

値段の安いものを使っているのが他の女性に知られたくないみたいでした。
気を使ってしましますよね!

タイトルとURLをコピーしました