言語切り替え

京都に初雪

日本は、およそ東経120度から150度、北緯20度から45度の間にあり、長さは3,000㎞もある細長い島国です。
四季がはっきりとしていて世界的に見ても珍しい国といえます。

中でも京都は、都会でもなければ田舎でもない独特の趣があります。
そんな京都に、今朝は初雪が降り積もり大変美しい姿を見せてくれました。

氏神の今宮神社

毎朝、散歩を兼ねてお参りする今宮神社、今朝は朝日に照らされた銀世界。
楼門からみる境内は額に入った絵画のようです。

fisut snow on the Imamiya shrine

いつものようにお参り。「家族が健康で、家庭円満に」お願いすることはこれしかありません。
今日は、若くして他界した同級生が、ここの宮司さんだったことを思い出し、冥福をお祈りしました。

左(写真)が拝殿でお祭りの日には、神輿が祭られます。中央(写真)が本社で「健康・長寿」「良縁・開運」
右(写真)が駅舎で「厄除」で、「ヤマタノオロチ」を退治した「素戔嗚命(すさのをのみこと)」が祭神です。

初雪で冷え込みが厳しかったせいか、今朝は3名しか見かけませんでした。

朝日を背に受けた楼門はいつもと違う美しさです。

precincts

この赤い橋を渡り東門を出ると「あぶり餅」。
つい先日まで美しい紅葉を見せていた木々が、突然の雪で白く輝いていました。
朝日に照らされた積雪は「満開の桜」と勘違いするほどです。

冬の賀茂川

賀茂川も雪で真っ白。11月に投稿した写真と見比べてもらえば解りますが、1ヶ月でこんなにも風景が変わります。

11月の賀茂川の風景
日本の秋、夜明けに見る紅葉の景色

「早起きは三文の徳」といいます。誰もいない早朝の景色、京都に住んでいて本当によかった。

 

タイトルとURLをコピーしました