言語切り替え

幸せを呼ぶダルマの独り言|思いのままに生きるために

楽しく、思いのままに生きていますか?

あなたのことを大切に思っている人は、あなたが幸せになって欲しいと心から望んでいます。して、「目的を持って生きろ。目的を達成して立派な人になれ。」と励ましてくれているのではないでしょうか。

しかし漠然とした「成功」と励まされても、本人からすれば「言われなくてもわかっている」ことなので、逆にプレッシャーになっている事でしょう。

聞きたいのは、「成功しろ」という励ましよりも「今どうしたらいいのか」ですよね。まずは、考えるより一歩ずつ出来ることから始めて「やりたい事」を見つけましょう



いつの間にか流されて生きている

こんな事を感じていませんか?

  • 幸せいっぱいで生まれて来たのに、いつの間にか生活に追われ疲れ果てている。
  • 自分が選んだ仕事なのに、いつの間にか仕事に振り回されている。
  • 自分が選んだ会社なのに、いつの間にか会社に選別されている。
  • 自分が選んだパートナーなのに、いつの間にか不満だらけになっている。
  • 自分の大切な体なのに、いつの間にか酷使し続けている。
  • すなおで明るい性格だったのに、いつの間にか「嫌な奴」になっている。
  • 自分の人生なのに、いつの間にか人のための人生を生きている。

この例は一部ですが、このように自分で決めて来た、あるいは本来あるべき状態から「いつの間にか」思ったことと違う結果になっていることがあります。そして多くの人が周りの人も同じだから、これは当たり前のことで「仕方がない」と諦めているのではないでしょうか。

なぜ、いつの間にか思っていた結果と違ってしまうのか

「いつの間にか」とは「知らないうちに」または「気づかないうちに」という意味ですが、あなたは本当に気が付かなかったのでしょうか。また「思っていた結果と違う」と本当に心から感じているのでしょうか。

多くの人は、心の奥底で「思うような良い結果にはならない」のは当たり前と諦めているのです。そして徐々に思わしくない方向に進んでいることにも気づいているのです。

「なんとなく流れのままに生きて、自分に有利な結果を得る」なんて都合いいことは起こりません。

このような状態になるのは、「思っていた結果」の「結果」、すなわち「目的」が明確になっていないからで、「目的の決め方が分からない。目的を持っても達成できないに決まっている」と初めから諦めているのです。



「目的」はどうして決める

自己啓発本には概ね「目的を持って、いつまでに達成しろ。その為に段階な計画を立てろ」

といった初めに「目的」ありきのように書いてありますが、多くの人が初めから「目的」を持つことは不可能なのです。

なぜなら、達成しようと思う「目的」以前にあるものが見えていないからです。例えば、社長になるといった「目的」を持とうとしたとき、「どんな業種のどんな規模の会社」を作ろうとしているかが分からないではないでしょうか。

「目的」というものはある程度、内容がわかり一定のレベルに達した頃から見えてくるもので初めから「明確な目的」をもっている人は限りなく少ないのです。そして、一旦「目的」を決めても実行しているうちに「自分がやりたい事はこれではない」と気づくこともあり、「目的」(やりたい事)は変化するものです。

「目的」より大切なこと

「目的」は、何かに真剣に取り組んでいくと自然に見えてくるものなので、「目的」を決める前に「やりたい事」を決めることです。

「やりたい事」は自分の好きな事や面白いと思うことですが、これも沢山あり過ぎて整理がつかないにではないでしょうか。

そんなときは、まず順番にやってみることです。何か面白そうと思っている事でも、いざやってみると面白くない事もあります。また反対に以外に面白いと感じることもあるでしょう。

三日坊主でかまわない

「やりたい事」は実際にやってみて「これかも真剣にやっていこう」と思えるものを見つけることです。

面白くもない事を「一旦決めたらやり通す」なんて考えはナンセンスで、「適正がない、面白くない」と感じたらやめてもかまいません。

しかし物事、やり始めは簡単でも一定レベルに達した頃から、急に難しくなります。難しくなってきたからといって、内容を見極めたうえで決めたことなら逃げてはいけません。でも、それ以上にやりがいのある魅力的なものが出来たら乗り換えのはいいことです。

  • 内容を見極めるためにやってみる。自分にそぐわないと思えば止めてもよい。
  • 内容を見極めた上で決めたことから逃げてはいけない。
  • 実行中のものより魅力のあるものを見つけたら乗り換えるのもあり。

深く考えないで自由に生きる

あなたを大切に思っている人は、あなたのためを思い期待も抱いています。その気持ちは有難く受け止めるべきですが、幸せになるのはあなた自信、人の期待に添う必要はありません。

深く考えすぎると心がやみます。失敗したってやり直しすればいい。今までも何とかしてきたあなたなら、これからも何とかできます。楽しく生きましょう。

いかなる事があっても、自分の健康より大切なものはありません。良い睡眠、食事、運動を心掛けて体を気遣ってあげましょう。

健康であることに感謝しましょう。きっと明日はいいことがあります。



タイトルとURLをコピーしました